~紫苑のお針箱~

加賀ゆびぬき、タティングなど作っています。 手作り大好き♪

03<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迷子防止

2005年から加賀ゆびぬきを作り始めたのですが、その時から必ずしている事が↓これ。
2013-010.jpg
かがり始めの地点の内側に絹糸で目印をつける事。

土台に進行方向の矢印とスタート地点のマークを入れるのですが、かがっていくウチにそのマークも進行方向の矢印も見えなくなってくるんです。
何度も「あれ?」ってなって迷子に^^;
持ち運び用のお針箱の中でゆられて上下がわからなくなった時も「玉留めがある方が上」とわかるようにしています。
なのでこの目印はとっても役立っています。


さて お盆の間に少しずつがかっていたのが出来上がりました。
2013-012.jpg

2013-011.jpg
青海波2つです。




COMMENT▼

No title

>うさこさんへ

天面をドアップにしてないところが綺麗に見えるコツ^^;

最後の2~3段はぎゅぎゅっと無理矢理入れちゃってます。

和紙での分割は上手くいってるのに1~2周したところで天面みると分割の幅が微妙に違うんですよ~
だから余裕で最後の段まで入れられるところと、ぎゅうぎゅうに詰め込むところと出て来てしまうんです。
これが、私の今後の課題ですね~


天面をメインだなんて私にも出来ないわ~
今回の題材は「春夏秋冬」の中の1つの季節でしたよね?
はて何をどう表現すればいいやら…です。

No title

天面がビシッと決まっていてきれいですね。
私は最後のほうで、無理やり調節しているような感じなので
まだまだ、天面はガタガタです。

前回の公募展では、天面をメインに飾られている方も、おられましたよ。
私は絶対に無理~って思いながら、作品DVDを見てました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。